茶色のプードルKIRARAとMIKAの備忘録?おさぼりぎみで更新中(^^;)


by cheekypoo

お写真のこと

今日は『プチお写真教室』です(^^)

コメントでいただいたお悩みを例にしますので、みなさん、お手持ちのカメラで操作してみてくださいね。
ここで操作の説明をするのはCASIOのデジカメを基準にしますね。どのメーカーも似たり寄ったりな操作で出来ると思います。

室内でフラッシュなしでとる場合、まず、室内を出来るだけ明るくします
そして、天井の照明に合わせて、ホワイトバランス(menuキーを押すと一覧の中にでてきます)を蛍光灯(または電球、日中でも照明をつけると補助光の役目をしてくれます)にあわせます。そうすると、モニターで見える景色の色が変わると思います。
これだけでもだいぶ違うと思いますよ。
後は、モニターを見ながらカーソルの右向きのキーをポン、ポンと押してみてください。明るさの調整が出来ます。押すほど明るく写ります。

私は、CASIOのQV-R40というカメラと、CANONのEOS KISS DIGITALを使っています。
このブログに使っている写真も半々くらいです。この「お嫁にもらって♪」の写真は、EOS KISSで、バックスクリーンを張ってレフ板と照明を使っているので、スタジオで撮っているのと同じ感じになります。全体に照明を当てないと、あくたんやくれちゃんのように黒い被毛の子の毛の質感は出せないです(^^;)
下のほうの、歌舞伎座の前で撮った写真や、子犬ちゃんの写真、くてっとしてる写真はQV-R40です。外で、十分明るさがあれば毛の質感もかなり出せます。
ぺったんした1枚目は、ホワイトバランスを「蛍光灯」にして普通に撮ったもの。
d0031826_21473413.jpg

2枚目は、その上明るさを数段階上げてみたもの。
d0031826_21475082.jpg

う~ん、あんまり違いはわからないかな?(^^;;)

デジカメを選ぶときのひとつの参考は、レンズの大きさ。画素数が同じならレンズの大きなものを。レンズが大きいほど明るく撮れます。大きな分、光がたくさん入るんですね(^^)
他にも選考の視点はいろいろあります。レンズはひとつの目安です。

動きをとる場合は「スポーツモード」「連写」をうまく使うと良いです。
あとは、「わんちゃんの目線」に降りて撮ると面白い写真が撮れますよ(^^)

うふふ。百聞は一見にしかず。こんどお写真の撮影会でもいたしましょうか(^^)
[PR]
by cheekypoo | 2005-06-21 21:59 | ほのぼの毎日